平成30年7月度 ネットパトロール記録

概要(傾向、事例等)
7月度は、掲示板サイトへの誹謗中傷投稿が4件発見されました。フルネームを掲載しているもの、個人を名指しせず特定校を中傷するものの二パターンがありました。一般のインターネット利用者が見る機会の多い掲示板サイトに投稿することで、広く誹謗中傷を流布しようとする意図があるのかもしれません。早期の発見が重要なポイントになります。
夏休みはライブ等のイベントが多く、SNSでの交流からリアルの交流に発展する機会でもあります。ネットパトロールで見る限り、事件に発展した事例には行きあたっていませんが、リアルな交流への発展に伴うリスクに変わりはなく、引き続きの啓発が必要です。

検出件数
7月の検出件数は118件でした。

学校種別検出件数

問題行動別検出件数

サイト別

検出数推移

PDF資料 平成30年7月度ネットパトロール記録