青少年ネット安全・安心のための環境整備事業

この事業は、和歌山県から委託を受け実施しています。

事業概要
和歌山県内在住の青少年が安全に安心してインターネットを利用する環境を整備するため、ネット依存の防止及び情報モラル教育を行う教員を養成するとともに、ネットパトロールによる有害情報対策を推進するための事業です。

ネットパトロール
青少年にとっては、パソコンやインターネットを身近なものです。青少年の関心ごと(音楽などの趣味やスポーツ、ファッションなど)の多くは、インターネット上にその情報があり、青少年を引き付けています。
また携帯電話、特に近年はスマートフォンの普及が著しく、ネット利用は「見るもの」だけではなく「発信するもの」「友人知人と交流するためのツール」としての側面も強くなってきています。
インターネット上にはたくさんの人がたくさんのことを発信し交流する中で、残念ながら誹謗中傷や他人の個人情報なども書き込まれているいます。
ネットパトロールでは、和歌山県内の青少年を対象に、誹謗中傷記事や個人情報等の不適切な書き込みを探索、抽出し、関係機関と協力し適切に対処します。
ネットパトロールの状況は、こちらからご覧いただけます。

情報モラル指導者養成講座
保護者、学校関係者、地域の見守りボランティア等の青少年に関わる大人を対象に、青少年のネット、SNS利用、スマートフォンの利用についての啓発事業を実施します。
主な内容は次の通りです。
・和歌山県内の青少年を対象としたネットパトロールからの現状報告
・青少年を取り巻くネット環境
・ネットにおける危険
・安全なネット利用のルール作り、運用について

講座を希望されるかたは、電子メールにてご連絡ください。
・メールアドレス:ntpt@wite.jp (担当:佐々木)

ご連絡の際には、次の項目をお知らせください。
決まっていない項目があっても結構です。まずはご相談ください。
時間や講座目的、テーマに応じて講座の内容を調整いたします。

・講座開催目的  例)高校進学を控えた中学生の保護者向けネット利用ルールづくり
・主な参加者   例)中学3年生の保護者
・希望日時    例)平成28年7月1日 午後6時~7時
・希望開催場所  例)和歌山市xx地区公民館

講師の費用(交通費、謝金、弁当など)は原則として不要ですが、対象者によっては交通費をお願いいすることがあります。
平日だけではなく土日祝日も講師を派遣いたします。