平成26年12月度 ネットパトロール記録

概要
(傾向、事例等) 12月度より、画像、動画共有SNSでの問題行動投稿の調査に力を入れています。特に動画は自己アピールとして影響力が大きく、いたずらや悪ふざけ等の問題行動が多く投稿されていることが分かりました。
青少年の多くはTwitterなどの文字を主体としたSNSと動画共有SNSとを併用しており、問題行動は動画共有SNSにのみ投稿しているケースが多く見られました。動画や画像の投稿はクローラ―を活用した問題行動の抽出が困難であり、パトロール手法の見直しが必要となってきます。

検出件数
12月の検出件数は76件でした。

学校種別検出件数
kind_dec

問題行動別検出件数
mondai_dec

サイト別
site_dec

検出数推移
suii_dec

PDF資料 平成26年12月度ネットパトロール記録