平成31年3月度 ネットパトロール記録

概要(傾向、事例等)

青少年のSNS利用状況が、学齢が下がるにつれてTwitterからInstagramに比重が移ってきているように見えます。Instagramのハイライト(テーマごとに動画や画像をつなげたもの)で問題行動を検出することが増えています。もっとも目立つのは、自転車運転中の動画撮影です。携帯電話を片手に持ち(片手をハンドルから放し)、携帯電話の画面を注視することは、和歌山県道路交通法施行細則で定められた危険な行為であり、他県では死亡事故も発生しています。ネット依存や人間関係の毀損等のリスクと同様に、自転車運転中の携帯電話操作の危険性の周知が重要です。

3月の検出件数は77件でした。

学校種別検出件数
平成31年3月度ネットパトロール記録

問題行動別検出件数

サイト別

検出数推移

PDF資料 平成31年3月度ネットパトロール記録